*

【ファストファッションの裏側】問題の汚染水に犯された女性の画像が衝撃的すぎる

公開日: : 最終更新日:2017/01/02 ためになる情報, 病気・災害 ,


ファストファッションの汚染問題を取り上げた映画

ファストファッションの裏の問題とは・・

安くて便利なファストファッション。今は、誰でも1枚や2枚はファストファッションと呼ばれる服を持っているのではないでしょうか。1〜2枚どころか、持ってる服は全部ファストファッションだよなんて人も多いかもしれません。

ファストファッション

そんなファストファッション業界の知られざる裏の問題が存在することをご存知でしょうか?
映画「ザ・トゥルー・コスト」では、その真実を衝撃的な映像とともに公開しています。

ファストファッションと呼ばれるような服が、どのように作られているのか? 経済的に貧しい国での、低賃金の長時間労働、劣悪な労働環境、そして環境汚染……。2013年4月にはバングラデシュで縫製工場の入った8階建てのビルが倒壊して、1100人以上の死者、約3000人がけがをした事故もあった。そうしたことはかなり知っていたつもりだけれど、現実感を伴ったものではなかった。
東京・渋谷のアップリンクで公開中のドキュメンタリー映画「ザ・トゥルー・コスト」(真の代償)は、ファストファッションの服作りの現場が思っていたよりはるかに過酷で代償も大きいことを示している。また、十分に知らないでいたことへの反省という“代償”をも迫る内容だった。
映画では、縫製工場とそこで働く女性たちの生活や思い、工場からの汚染水や農薬による深刻な健康被害、川や海などの汚染による漁業被害の実情を、それとは対照的なファッションショーの華やかな舞台や先進国の服の売り場のにぎわいなどの光景を織り交ぜながら淡々とリポートしていく。
バングラデシュの首都ダッカの縫製工場で働く一児の母シーマは、朝から1日12時間以上働き、つかの間の夜はバラックのような寮で寝るだけ。休みは月1、2回。それでも驚くほどの低賃金だが、そのほとんどを田舎の家族に送金している。子どもに会えるのは年に1、2回しかないという。
衝撃的だったのは、カンボジア・プノンペンの縫製工場で2014年、賃上げを要求する工員のデモに政府の治安部隊が発砲する場面だった。それにより4人の死者と多くの怪我人が出た。一人の女性はこう訴える。「私たちの血で作ったものを、誰にも着てほしくありません」。そんな服を、品質のわりには安いとの理由で、喜んで買って着ることができるのだろうか?
アメリカのサンクスギビングデー翌日のバーゲンセールでは、価格をさらに下げた服やバッグが並ぶ会場に大勢の買い物客が殺到。大きなかごにお買い得品をこれでもかと詰め込む姿も。その姿は楽しげで、楽しみのために必要以上に鳥や動物たちを追い回して殺すハンターたちを思い起こさせる。
代償は、服作りに直接かかわらない人たちにも及ぶ。インドの皮革工場から出た汚染水は、周辺地域の人たちの健康に大きな影響を与えているようだ。皮膚にダメージを負った女性の顔は、まるで破れた大きな顔面マスクを被ったように見えて心が痛む。服作りにはさまざまな有害化合物が必要で、大量に作ればそれだけ大量の有害物質が排出される。服が大量に作られ消費されれば、大量のごみにもなる。燃やせば温室効果ガスも出る。製作過程も含めてファッション・アパレル産業が排出する炭酸ガスの量は、石油産業に次いで第2位なのだという。
この映画では、こうした問題に危機感を持って活動している人たちの発言も紹介している。環境問題にこだわるファッションデザイナー、ステラ・マッカートニーは「巨大で強欲な(ブランド)企業が大きな利益を上げているのに、何百万という(この分野)の労働者たちになぜ適切な支援ができないのでしょうか」と語っている。
大量生産・消費がもたらす弊害が限界に差し掛かっているのは、ファストファッションに限らず、多くの高級ブランドでも状況はさほど変わりはない。そして、ファッション産業だけだというわけでもない。しかし本来は長期耐久品だった服を消耗品にしてしまった現代のファッションは、これから率先して大量生産のあり方を変えていく義務があるのではないかと思う。
そのためには服を着る側が、作る側で起きていることについて、知らなかったりそのふりをしたりではいけない。誰かが、または何かが大きな犠牲になっているような服を着る「自由」などはないはずだし、そんな服を着てファッション本来の楽しみなどは味わえないのだから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00010002-asahit-env


関連記事

「カラコン」で失明の危機!?今、アナタの目が危ない!!正しい知識と使用方法を今すぐチェック!

アナタの目は大丈夫?「カラコン」で失明の危機!! スポンサーリンク // // 今や日本の若い女

記事を読む

女性の足の冷え性対策に効果的 寝る時に靴下を履くのはあり?

効果的な足の冷え性対策 冬の季節になると足の冷え性に悩まされる女性は多いのではないでしょうか? 寝る

記事を読む

no image

2014ヒット商品ランキング&2015ヒット予測 来年はコレ!

ヒット商品 今年のおさらいと来年の予測 スポンサーリンク// // 情報誌「日経トレンディ」が、

記事を読む

オリコンランキング

オリコンが発表!2014年売れた美容&ダイエット本ランキング

2014年はどんな年だったの?振り返り スポンサーリンク// //   もうすぐ201

記事を読む

新国立競技場の白紙撤回・・・一番悪いのは誰?費用は?間に合うの?

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について安倍晋三首相は「計画を白紙に

記事を読む

フルーツ

毎日スムージーでダイエット!健康で美しく痩せる秘訣教えます!

1食置き替えるだけで確実に痩せる!スムージーダイエット スポンサーリンク// //  

記事を読む

2014ミス筑駒が決定!女装男子のレベルが高すぎる【画像あり】

これ全員男子!?ミス筑駒がかわいすぎると話題に! 11月1日〜3日まで「筑波大学付属駒場中・高等学校

記事を読む

世界一受けたい授業 知らないと危険!大多数が間違っていた健康常識

【常識!?非常識!?アナタは大丈夫!?健康の常識】   スポンサーリンク// // 1

記事を読む

【マツコの知らない歯ブラシの世界②】話題のホワイトニング歯磨き粉「デンタパールW」の効果をご紹介!

「マツコの知らない世界 歯ブラシの世界」で取り上げられて、話題沸騰のホワイトニング用歯磨き粉「デンタ

記事を読む

自閉症(サヴァン症候群)の鉄道画家 福島尚の絵がスゴい!展覧会・個展情報も

鉄道画家 福島尚(ひさし)の世界 最近、ある会社の株主向け資料の表紙に使われた1枚の絵が注目を集めて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2018年6月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑