*

白鳳が猫だまし 横綱が変化しちゃダメ?舞の海氏→ファンサービスでは?【動画】

公開日: : 最終更新日:2017/01/02 スポーツ ,


横綱の猫だましは卑怯な手?

横綱 白鳳が栃煌山に「猫だまし」を決めて勝利したことで物議をかもしています。

北の湖理事長は「横綱としてやるべきことじゃない」と言われているようですが、なぜなのでしょうか?

「奇襲」も戦法のうちでは

どうやら相撲の世界では横綱のような力も立場もある人が「猫だまし」のようなセコいワザを使うのは「ダメな空気」があるということのようです。そうなんです。「ダメな空気」があるだけで、ルール上はもちろんOK。

「横綱はめったに猫だましなんて使わない」という思い込みを逆手に取って、意外な場面で使うことで勝利するというのも「技」として認められると思うのですが・・。

みなさんはどう思われますか?

 

大相撲九州場所10日目に、横綱白鵬が関脇栃煌山に2度の猫だましを繰り出した。寄り切って10連勝としたが、日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は「横綱としてやるべきことじゃない」と指摘した。本来、猫だましは、小兵が活路を見いだすための「奇襲」でもある。

【写真】栃煌山戦で猫だましを成功させ、懸賞金を掲げる白鵬

現役時代、技のデパートの異名を取り、何度か猫だましを駆使した元小結のNHK大相撲解説者の舞の海秀平氏(47)に話を聞いた。

-白鵬戦を見てどう思ったか

栃煌山は白鵬にとって決して好きな相手ではありません。真っ向から行って、下手を差せない、上手も取れない状況になって、押し込まれるのを嫌がったのではないでしょうか。それで(相手の出足を止める猫だましを)考えたのかもしれません。

-理事長は、横綱の猫だましに否定的だが

横綱としては(相手を)受け止めて欲しかった、というのはありますが、1つの話題作りとして、白鵬流のユーモアが若干あるんじゃないでしょうか。白鵬にすれば、ファンサービスかもしれない。

-栃煌山は、猫だましは頭になかったと言っている

栃煌山は真っ向勝負に行きますが、横綱も真っ向勝負に来るとは限らない。日本人は子供のころから、相撲はこうだと教えてもらってきた。勝負の感覚が違うんです。ですから、想像力を働かせて欲しかった。猫だましは、相手をよく見れば食わないんですよ。横綱といっても人間ですから、横綱相撲をかなぐり捨てても、勝ちたいと思って、ああいう立ち合いになることもあります。

-舞の海さんも現役時代は猫だましを駆使した

私はどうしても勝てない相手に対して、どうしても勝ちたいという気持ちでやった。

-小兵の舞の海と、横綱がやるのとでは意味が違うか

ファンが、お客さんが消化不良で、納得しないところもあるでしょう。ガチッと挑戦者を受け止めるのが横綱。他のスポーツなら、勝てばいい、金メダルを取ればいいんです。ですが、大相撲はスポーツというより、伝統文化的な側面がある。人々の見方があって、発展してきましたから。誰がやるか、にもよりますね。小さい人が変化しても拍手が起きますが、大きい人が変化すると批判される。大相撲独特の文化なんです。

-是か非かの議論は尽きないが

よく分かります。いろんな見方で楽しむのも大相撲ですから。世の中にいろんな問題があるのと同じです。土俵上は曼荼羅(まんだら)ですから。

-白鵬は11日目に稀勢の里戦。どういう立ち合いになると思うか

2回続けて猫だましではしゃれでなくなる。がっちりぶつかっていくんじゃないでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000082-nksports-fight


関連記事

リオオリンピックサッカー!予選組み合わせ3ヵ国を徹底解剖

開会式を先駆けてスタート!サッカー いよいよ8月6日に開会式を迎えるブラジル・リオデジャネイロオリン

記事を読む

リオオリンピック注目競技の日本時間日程と放送局一覧【前半8月5日~14日】

8月6日開幕リオオリンピック! スポーツ好きならもちろんの事、そうでなくとも盛り上がり必至のスポーツ

記事を読む

リオオリンピック日本人金メダル第1号!競泳萩野公介の強さの秘密は?

メダルラッシュの続く日本勢!リオオリンピック前半戦 自国大会を4年後となった今回のリオオリンピック。

記事を読む

ソフトバンク松坂大輔 2016年の成績によっては年棒大幅ダウンも!?

真価を問われる松坂大輔 平成の怪物ことソフトバンク・松坂大輔投手。 あの剛腕はもう過去のものとなって

記事を読む

【サッカー】最新FIFAラング発表!日本はアジアの強豪といえるのか?

最新FIFAランキング発表!日本は何位? 4月7日、FIFAが発表する最新のFIFAランキングが出ま

記事を読む

浦和レッズ 韓国人選手がテーピング投げ捨てで乱闘寸前!まさかの韓国での報道にあ然!

試合もグダグタ!アジアのサッカーレベルの向上を願う 先日、行われたアジアのサッカークラブNo,1を決

記事を読む

ウサイン・ボルト、リオオリンピックで引退!?理由は?東京では見られない?

やはりボルトは強かった! 日本人アスリート初の9秒台が出るか、日本国内でも盛り上がりを見せていたリオ

記事を読む

サッカー界の都市伝説!?デスゴール!ジュビロ磐田・前田、浦和レッズ森脇

サッカー界の都市伝説「デスゴール」 Jリーグ好きだったらお馴染みともなっている「デスゴール」。 デス

記事を読む

リオオリンピック開会式!低予算演出が見事と感動の声!日本人出演も

お金をかければ素晴らしいわけではない! 記録にも記憶にも残るような感動的なシーンを続出している201

記事を読む

元横綱 北の湖理事長が急死62歳 死因はガンか?猫だましに苦言呈したばかり

元横綱 北の湖理事長急死 かねてから「重病説」 11月20日に元横綱で日本相撲協会の北の湖理事長が急

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2017年12月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑