*

サッカー日本代表メンバーはどうなる?ポスト遠藤は柏木で決定!?

公開日: : 最終更新日:2017/01/02 スポーツ , , , ,


今年9月には始まるW杯最終予選

サッカー界の目標は、オリンピックではなく、同じ4年に1度行われるワールドカップだろう。

1998年のフランス大会以降、連続して出場している日本代表だが、今年1月に行われたアジアカップでも苦戦を強いられているとおり、2018年ロシアまでの道のりは決して平坦ではないと言われている。

2018年開催と言えば、まだ2年もあるように思うが、ワールドカップ最終予選は、もう今年9月からスタート。もう優著にメンバー選考をしている場合ではないのだ。もう本番はすぐすこだ!

ポスト遠藤は誰?

日本代表のウィークポイントと言えば、やはり決定力のあるフォワード不足だろう。

しかし、この問題は、ここ数十年日本代表の長年の課題であり、一長一短ではないため、ここでは議論の対象外とする。

プレミアを制したレスターでレギュラーFWを張っていた岡崎慎司ように、より海外で経験を積んで磨いていくしかないだろう。

日本代表にはもう一つ、補いたいポイントがある。

それはボランチだ。

近代サッカーにおいて攻守のバランスを取るボランチの存在は、そのチームの浮遊を決定づけると言っても過言ではないポジション。

前述したフォワードのようにコマ不足ではなく、ボランチの場合、海外でも通用している長谷部誠や細貝萌、山口蛍を始め、柴崎岳や遠藤航など若手も伸びてきており、むしろ豊富なポジションと言える。

2014ブラジルワールドカップまでは、不動のボランチは、長谷部誠と遠藤保仁だった。

しかし、ザッケローニは、本番直前で、守備面の不安により遠藤から山口蛍に入れ替えた。

全ては結果論だが、遠藤がいなくなったことで、守備力は向上したかもしれないが、展開力が失われ、単調な攻撃になってしまった。

遠藤が、代表メンバーに呼ばれなくなった後も、このボランチメンバーの問題は続いている。

展開力を取るか、守備力を取るかという選択に迫られているからだ。

しかし、間もなく決戦と言ってよい9月からも最終予選に迎え、一つの答えが出ていようとしている。

2つあるボランチのポジションのうち、一つはキャプテンシーもある長谷部。

もう一つが、浦和の王子こと柏木陽介だ。

柏木はまさにポスト遠藤。

素人目で見ても明らかなほど、柏木投入後、ボールが幅広く動くようになり、メンバーの動きが滑らかになった。

その動きは全盛期の遠藤を見ているかのようだった。

やはり圧倒的な決定力のあるフォワードがいない日本代表には、柏木のような展開力が必要だろう。

20151118-00051424-roupeiro-000-7-view

しかし、課題もある!

柏木でポスト遠藤はほぼ決まりだろうが、課題もある。

それは遠藤にも当てはまることだったが、フィジカルの弱さだ。

先日のキリンカップでも、同じような小柄体形である香川真司が当たり負けをしなかったものを、柏木は、相手の上背があるとはいえ、よく倒させているのが目立っていた。

ルーズボールの取り合いも多いボランチのため、フィジカルをもう少し鍛えていきたいところだ。

結果が全ての世界、ハリルホビッチ監督はその選択を取るだろうか。

 

 


関連記事

吉田・伊調以外にも!リオオリンピック女子日本代表メダル候補

吉田・伊調以外にも金メダル有力候補が!女子レスリング オリンピック競技から除外騒動があったり、階級の

記事を読む

リオオリンピックサッカー日本代表グループリーグ敗退の結果に!原因は?

世界から取り残されつつある!? 熱戦が続くリオオリンピック。柔道、競泳、体操、レスリングなど従来から

記事を読む

メッシ代表引退の理由は脱税か!?撤回はあり得る?

世界No,1フットボーラーはメッシ?CR7? 現役フットボーラ―のなかで最強は誰?メッシ?クリスティ

記事を読む

五郎丸ポーズにそっくりの仏像が話題 参拝者は3倍に

五郎丸ポーズの宝冠大日如来 五郎丸選手がキックの前に集中力を高めるためにする「五郎丸ポーズ」が人気で

記事を読む

何故弱い!盟主・巨人が2016弱いわけ!理由はココにあった!

独走でも良いはず!何故弱い巨人! 交流戦に入り、調子を取り戻しつつもあるも、現在、ほぼゲーム差がない

記事を読む

【錦織圭】リオオリンピックテニス!有力者の辞退も!さぁ金メダルだ!

テニス錦織圭96年ぶり金メダルゲットだ! 開催前の治安の心配や、運営の準備不足などの危惧されていたリ

記事を読む

浦和レッズ 韓国人選手がテーピング投げ捨てで乱闘寸前!まさかの韓国での報道にあ然!

試合もグダグタ!アジアのサッカーレベルの向上を願う 先日、行われたアジアのサッカークラブNo,1を決

記事を読む

巨人野球賭博問題!処分が決まった高木京介の昨季成績、年俸は?

球界を揺るがす野球賭博問題 球界の盟主と言われている巨人が揺れに揺れている。 昨年、発覚した選手が関

記事を読む

元横綱 北の湖理事長が急死62歳 死因はガンか?猫だましに苦言呈したばかり

元横綱 北の湖理事長急死 かねてから「重病説」 11月20日に元横綱で日本相撲協会の北の湖理事長が急

記事を読む

ソフトバンク松坂大輔 2016年の成績によっては年棒大幅ダウンも!?

真価を問われる松坂大輔 平成の怪物ことソフトバンク・松坂大輔投手。 あの剛腕はもう過去のものとなって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2017年10月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑